2017年度第2回東日本エリア会議

2017年4月9日(日)、宇都宮のリッチモンドホテルAnnex会議室にて、第2回東日本エリア会議を開催しました。

総勢14単組17名にご参加いただき、様々なテーマで議論を行いました。また、今回初めてコロナ労組から女性の参加者にお越しいただきました。

議題としては、業種別部会政策責任者会議報告、各単組より春闘状況報告、改正労働契約法(5年無期雇用ルール)への対応、定年再雇用者の賃金見直し、インターバル規制の取り組み、時間外勤務削減の取り組みに関して、有意義な意見交換を行いました。

会議終了後は餃子の街宇都宮にて餃子祭りを開催しましたが、中華料理屋の餃子であったことから、皆さん微妙な反応でした。次回は本場宇都宮の餃子祭りでリベンジしたいと思います。

※会議中の写真撮影を失念しましたので、餃子屋の看板を。次回はこのお店に行こうと思います。

2017年度第2回中部エリア会議の開催

中部エリア会議は48()に、12単組16名が参加して、2017年度2回目の会議を岐阜市内で開催した。

冒頭の挨拶で大川部会長は、「春闘は厳しい状況。自動車総連、電機連合共に昨年を下回る結果。回答日直前に具体的な数字が出されるなど、相場が見えない交渉だった」と述べた。

2017春闘のベア交渉では、世間相場を気にしている企業も多く、中部エリア会議の中でも自動車大手の数字を超える回答は難しいと判断した企業が散見された。

各組織の企業状況は二極化の様子であり、多くの組織で労働環境・条件の整備などの課題も見られ、それぞれの悩みも報告された。また、インターバル規制への取り組みについてヒアリングを行ったが、制度化されている企業は一部に留まっている状況。

会議後には懇親会を行い、それぞれの組織課題について意見交換が行われた。

2017年度 第2回 西日本エリア会議実施

2017年3月24日(金)に10単組21名が参加して、2017年度2回目の会議をテラサキ労働組合様のご協力により、寺崎電機産業株式会社 加美工場様で開催いたしました。

今回は2月の労使研修会で福利厚生の一環として食堂改善の話があったこともあり、昼食を食堂でいただいてのスタートでした。食堂では、前日予約システムなどの構築により、鉄板で温められたグリル定食などがワンコイン以下で食べれるなど改善を繰り返された食堂で、皆が感心して見学と意見交換がなされました。

春闘最中の時期でもあり、会議中での情報共有はもちろんのこと、懇親会も含めて単組課題の意見交換などが行われ活発なエリア会議となりました。

また、食堂改善の意見提起をしていただいた中部エリア、エナジーサポート労働組合から、エリアを超えて佐々木執行委員長、永井執行委員にも参加いただき、ありがとうございました。

 

第1回労使研修会

2月6日に第1回労使研修会をJAM本部で開催いたしました。当日は労側30名、使側12名の参加があり、現在ガイドラインが策定され労使共にホットな話題となっている『働き方改革〜同一労働同一賃金』について東京大学 社会科学研究所の水町勇一郎教授をお招きしご講演いただきました。正規といわゆる非正規の差をどのように解消していくのか、現場の課題を見据えながら労使ともに考えていかなければなりません。改めて課題意識を持ち誠実にそして着実に組合員はもちろん働く方々の期待に応え、安心して働ける社会を実現していかなければならないと感じました。参加されたみなさまありがとうございました。共に頑張りましょう。(事務局長 井上信治)

2017年度第1回 西日本エリア会議実施

1月19日(木)に、9単組15名が参加して、2017年度1回目の会議を、JAM西日本会館にて開催いたしました。

会議の中では、現状の単組報告と合わせて、2017春闘のJAM方針に基づいた要求案に関した意見交換を中心に行われました。各単組とも要求案の構築時期ともあり、賃上げの必要性や根拠などに関する議論とともに、働き方改革に関しても各単組が意見を持ちより、意見交換を実施いたしました。

年明けの多忙な時期ではありますが、春闘方針案に関して、多方向からの情報交換ができ大変有意義な会議となりました。

懇親会におきましても、西日本恒例のOB参加もしていただき、大変盛り上がり、さらなるエリア会議の結束がなされました。

2017年度第1回中部エリア会議開催

大川部会長の挨拶写真

中部エリア会議は1210()に、10単組15名が参加して、2017年度1回目の会議を名古屋市内で開催した。

2017春闘方針については、闘争と交渉の考え方の違いや、個別賃金要求に対する重視年齢、ベースアップの根拠など多角的視野での意見交換がされた。

また、各組織の企業状況は二極化の様子であり、年末一時金に注視してきたが、多くの組織で労働環境の向上や条件整備などの課題への取り組みも見られ、それぞれの悩みも報告された。

会議後には懇親会を行い、それぞれの組織課題について、より深い意見交換が行われた。

2017年度第1回東日本エリア会議

2016年12月18日にアズビル東北支社(仙台)の会議室をお借りして、第1回東日本エリア会議を開催しました。16単組17名の皆さんにご参加いただき、中身の濃い議論を行うことができました。

単組報告での特徴としては、今期の会社業績について一概に厳しい状況であり、下方修正を行ったところも多いものの、昨今の円安状況で変化してして来ているところもあるとのこと。組合としては、共通して育児介護休業法改定の対応がほぼ済み、女性執行委員の擁立を進めつつある単組が目立つ一方、構造改革によって希望退職等を余儀なくされるという厳しい単組も出ていました。

テーマ別ディスカッションでは、「残業削減、有休取得促進の取り組み」、「シニア社員制度の見直し」について、各単組の状況を紹介し合い、自単組の取り組みへのヒントを得ることができました。例えば、既に在宅勤務を実施している企業もあり、働きやすい勤務形態の参考になり、シニア社員については、シニア社員の役割をハッキリさせることが大事だという意見と今後の定年延長に繋げて行く手立ての話が出ました。

会議の後、仙台といえば「牛たん」ということで、忘年会を兼ねて牛たん祭りを実施し、大いに盛り上がりました。

2017年度総会開催

JAM電機部会は2016/10/30-31,新横浜において総会を開催し昨年の活動を振り返るとともに2017年度の活動方針・予算を審議,可決いたしました。あわせて労使会議としての総会も開催し労使での意見交換も活発に行われました。
総会に合わせて今期で退任する方々の表彰をさせていただき,新役員体制を承認いただきました。これからも楽しく有意義な活動を進めて参ります。

翌日にはJ-TREC:株式会社総合車両製作所さまのご協力のもと,同社の工場を見学させていただき,歴史ある工場のもの作りの現場を体感いたしました。

あいさつをする大川部会長

あいさつをする大川部会長

提案を聞く参加者

提案を聞く参加者

新役員の挨拶

新役員の挨拶

退任役員の挨拶

退任役員の挨拶

工場見学

工場見学

2016年度第3回 西日本エリア会議実施

8月19日(金)に、11単組28名が参加して、2016年度3回目の会議をシマノ労働組合様のご協力により、株式会社シマノ様 本社工場で工場見学を兼ねたエリア会議を開催いたしました。

刃物などの金属加工が発展していた堺の地で創業して、2015年に同じ堺の地にリニューアルされた新工場を見学させていただきました。
加工精度やものづくりの技術に感心させられたことと併せて、本当に加工工場なのかと疑うような綺麗な職場環境や自動化生産ラインには大変驚かされ、各単組にとって意義のある見学が実施できました。

会議の中では、現状の各単組の現況や悩みなどを意見交換により共有を行い、あらためてエリア会議での結束を図りました。

懇親会におきましても、OBにも参加いただき、意見交換の延長で大変盛り上がり、有意義な会議開催となりました。
JAM記念写真

第3回東日本エリア会議実施

8/28(日)-29(月)に第3回東日本エリア会議を実施しました。

今回は伊勢崎のサンデン労組組合事務所をお借りして、労使研修会の報告、次回総会の相談、単組報告、意見交換を行いました。

残念ながら、単組行事や大会準備等で9名のみの参加でしたが、その分、記録文書に残せない程の非常に濃度の高い話し合いを行いました。

翌日はサンデン歴史館(創業者の生家)を見学させていただき、サンデンの沿革に触れ、創業者の牛久保海平氏の人の和を尊ぶ姿勢に感銘を受けました。

サンデン創業者像

サンデン創業者(牛久保海平)像

サンデン歴史館1

サンデン歴史館前

サンデン歴史館2

創業者生家