自然災害への備えを学ぶ-2019年度第2回労使研修会(2019.8.3-4)

2019年8月3日(日)ホテル飛鳥(新潟・長岡)にて労使研修会を開催し、44名(労側36名、使側8名)の方が参加しました。この労使研修会は「頻発する自然災害への備え ~労使それぞれの立場において~」と題した講演会、長岡花火大会見学というスケジュールですすめました。

—–講演の主旨と概要—–
今回の労使研修会の会場として設定した新潟県長岡市では、長岡まつり大花火大会が8月2日・3日に開催されています。この大会は、茨城土浦・秋田大曲とともに日本三大花火大会と言われています。これら2つは競技花火大会ですが,長岡まつり大花火大会は鎮魂・慰霊を目的とした花火大会です。長岡は、1945年8月1日の長岡空襲(山本五十六連合艦隊司令長官の出身地である長岡が爆撃された)、および2004年中越地震・2007年中越沖地震とたびたび起こる中越地方での大きな地震を経験しました。長岡まつり大花火大会は戦争あるいは相次ぐ自然災害に対して、鎮魂・慰霊、平和への祈り、復興を祈念するための花火大会として開催されています。
近年、大地震や台風といった自然災害が頻発し、私たちJAMの組合員においても残念ながら2名の方の尊い命を失いました。被災された方々も多く、通常の日常生活に戻るために苦労を強いられました。
この長岡花火の鑑賞、危機管理教育研究所による講演を通じて,私たちは平和,頻発する自然災害への備えについてどのように思い、従業員・組合員に何を伝え、何をすることができるのか。このことを自らが考えるきっかけになればと思います。
————————

まずは、研修会の開催にあたって、労組それぞれの代表幹事よりご挨拶頂きました。

続いて、国崎信江講師(危機管理教育研究所 代表・危機管理アドバイザー)による講演会です。


参加された方々は、「初動対応を確実にする”ファーストミッションボックス”」の重要性や、「型にはまりすぎた避難訓練の効果のなさ」に納得されていました。
※この研修会に欠席の方、資料をお渡しできますので、事務局までご連絡ください。

講演会のあとは、労使それぞれに分かれて情報交換会を開催しました。労側は、前段の講演会を聴いたうえでの感想やそれぞれの企業での被災体験について、意見を交わしました。

最後に、会場を川辺にうつして、長岡花火大会を鑑賞し大きく美しい花火に酔い浸っていました。
※写真は後日追加します。

(記:事務局長 八木佳紀)

2019年度第3回東日本エリア会議

8/25日~26日に亘り、東日本エリア会議を山形県天童市内にて開催しました。

いつものように各単組から報告をいただいた後、ディスカッションテーマをいくつかの単組さんからいただき、そのテーマを中心に意見交換をさせていただきました。

テーマとしては、年休取得促進についてや在宅勤務制度の対象者について、均等均衡処遇について、労組資産運用について、有期雇用契約社員の組合員籍についてなど様々なテーマについて有意義に情報交換ができました。

翌日は山形カシオ労組さんのご協力により、新設された「G-shock」の最新工場の見学をさせていただきました。省人化されたきれいな工場であり、made in JAPANのものづくりや「G-shock」の歴史など興味深いものとなりました。

 

2019年度第3回西日本エリア会議

2019年8月21日(水)にJAM西日本会館にてJAM電機部会2019年度第3回西日本エリア会議を開催いたしました。当日は、前日までの天候とは違い夏日になり、非常に暑い中、忙しい折にもかかわらず、5単組9名の方に御参加頂き、各単組の状況報告ならびに意見交換会を実施いたしました。

今回の会議では、冒頭のエリア議長挨拶で、長岡での第2回労使研修会が盛会のうちに終えることが出来たこと、政策実現について大阪での辛口総括や、各労組の想いについて、懇親会でスペシャルゲストがいてること、為になる雑学?をまじえて、お話頂きました。   その後の、JAM本部報告では、政策実現について、次につながる前向きな総括を行ってほしいこと、業種別部会代表者会議の内容報告について、電機部会20周年に関することについて、お話を頂き、冒頭の挨拶とJAM本部報告の内容についての、意見交換を行い、政策実現の各労組の想いや反省、今後について議論を交わしました。又、今後の電機部会の組織、グループ、専門部会について論議を交わしました。

次に各労組からの状況報告と、その内容についての意見交換会を実施しました。話題に上がった件名は、各労組の改選について、女性活躍推進、年次有給休暇取得について、各種手当の見直しに関する取組について(幼児保育手当て・インフルエンザ予防接種補助金)、定年延長、再雇用、組合員化、在宅勤務、スーパーフレックス制度についての、課題や問題点などが報告され、活発な意見交換を行いました。   閉会の挨拶では、西日本エリアとして情報共有を行い非常に中身の濃い良い会議であったこと、これからも西日本を盛り上げていきましょうで、閉会いたしました。    その後、懇親会は難波に場所を移動し開催し、スペシャルゲスト(元電機部会部会長)にもご参加いただき、今後のJAMについて議論を行いました。    交流会では、梅田に場所を移動し、「まじめさ、楽しさ、盛り合わせ」を実行し、大変盛り上がり、西日本エリアの結束を図れた、有意義な会議開催でありました。

「あまりにも会議が盛り上がり、会議中の写真を撮り忘れました。申し訳ございません」

 

 

2019年度第3回中部エリア会議の開催

中部エリア会議は、8月4日(日)・5日(月)に、13単組17名が参加し、2019年度第3回目の会議を長野県上田市内で開催した。1日目は情報交換、2日目は中部エリア会議では数年ぶりとなる工場見学を行い、松山株式会社殿の工場を拝見した。
1日目の冒頭の挨拶で熊谷部会長は、「前日の電機部会第2回労使研修会では、頻発する自然災害への備え、防災・減災について学んだ。いかに我々が日頃から防災に対して準備出来ていないかを思い知らされた。この研修で危機感を持ったと思うので、しっかりと家庭・企業の防災に役立てて頂きたい。また、長岡花火大会(長岡空襲、中越地震などの相次ぐ自然災害に対して、鎮魂・慰霊、平和への祈り、復興を祈念するための花火大会)を観賞し、電機部会のもっとうである“まじめさ、楽しさ、盛り合わせ”も図られたと思うので、今後も労使研修会への参加をお願いしたい」と述べた。
各単組からは、企業・単組・春闘状況の報告があり、米中貿易摩擦、日韓貿易問題の影響により、ここ数年の堅調さに陰りが見えてきたとの見解が相次いだ。ただし、今春闘・一時金への影響は、まだ及んでいないとの報告だった。その後、独身者の帰省手当、時間単位年休、時短勤務などの規約や制度に関する各社の対応について意見交換も行われた。
会議後には懇親会を行い、翌日見学した松山労組の吉村副委員長と島滝書記長も参加され、JAM農建機部会の様子も伺いながら、それぞれの組織課題について、より深い意見交換が行われた。

2日目は、松山株式会社殿の工場見学を行い、Niploブランドのトラクタ用各種作業機の製造現場を拝見した。工場は、上田市の自然豊かな丘の上に山林も含めた広大な敷地があり、鉄材より板金、プレス、溶接、塗装、組み立て、出荷まで全てが行われている。松山は社是に“発明考案してよい品をつくり、農業の躍進に貢献する”とあり、「農家の苦労を知り、農家に楽な仕事をして欲しい」との思いから、日々努力しているとの話が印象的だった。
最後に、熊谷部会長が自前のドローンで空中撮影を行い、工場見学を締めくくった。

 

 

2019年度第2回労使研修会の詳細を確定-2019年度第3回三役会(2019.6.26)

 2019年6月26日(水)日本会議室名古屋(愛知・名古屋)にて、労組三役会を開催しました。
【参加者数】8名/9名中
この三役会をもって、2019年8月3日(土)に開催する労使研修会の詳細なスケジュールと担当を確定しました。
<JAM電機部会第2回労使研修会>
 ・日時 2019年8月3日(土)13:00 ~ 4日(日)朝解散
  ★12:00にJR燕三条駅をバスで出発します。
 ・会場 寺泊岬温泉ホテル飛鳥
※参加される皆さまは、公共交通機関の混雑が予想されますので、お早目の手配をお願いいたします。

また、今後の機関会議の日程も打ち合わせましたので、掲載します。
《今後の会議日程》 (注意)変更になる可能性があります。
〇JAM電機部会第3回東日本エリア会議
 ・日時 2019年8月25日(日)PM ~ 26日(月)AM
 ・会場 山形カシオ(山形・天童)

〇JAM電機部会第3回中部エリア会議
 ・日時 2019年8月4日(日)14:00 ~ 5日(月)12:00
 ・会場 上田 東急REIホテル(長野・上田)

〇JAM電機部会第3回西日本エリア会議
 ・日時 2019年8月21日(水)時間未定
 ・会場 未定

〇JAM電機部会第21回総会・労使会議第20回総会
 ・日時 2019年10月27日(日)PM ~ 28日(月)AM
 ・会場 パシフィコ横浜(神奈川・横浜)

<第3回三役会議案>
1.報告事項
 (1)JAM電機部会第2回エリア会議
 (2)JAM第5回中央執行委員会
 (3)JAM第6回中央執行委員会
 (4)組織拡大に関する調査結果
2.協議事項
 (1)2019年度第2回労使研修会
 (2)JAM電機部会結成20周年記念事業
 (3)第3回各エリア会議
 (4)今後の機関会議日程
(記:事務局長 八木佳紀)

2019年度第2回JAM西日本エリア会議

2019年4月16日(火)にテラサキ電気労働組合様にてJAM電機部会2019年度第2回西日本エリア会議を開催いたしました。当日は、天候にも恵まれ、春の暖かい日差しを感じる食堂横の会議室にて、9単組13名の方に参加頂き、各単組の春闘状況報告ならびに意見交換会を実施いたしました。会議開催日まじかまで、春闘交渉で大変な折にもかかわらず、テラサキ電気労働組合様には、御協力頂き、ありがとうございました。

今回の会議では、最初にJAM本部より、春闘状況全体についてと、政策実現についての報告をしていただきました。その後情報・意見交換会では、初めてエリア会議に参加するメンバーがおられましたので、自己紹介を含めた各単組の春闘状況や働き方改革関連法に伴う春闘付帯要求などについて意見交換をしていただきました。話題に上がった件名は、年次有給休暇5日間取得について、時間単位での有給休暇について、各種手当の見直しに関する取組について、定年延長、再雇用について、などの、課題や問題点などが報告され、各単組では、どのように取組んでいるのか、意見交換、情報共有を行いました。

会議の後、懇親会をテラサキ労働組合事務所にて実施いたしました。焼肉、しゃぶしゃぶ、お鍋、から揚げ、サラダ、焼そばなどを、組合長を中心に手作りして頂き、できたて熱々を、お腹いっぱい美味しく堪能させていただきました。最後に応援用ミニ動画を撮影して、大変盛り上がり、西日本エリアの結束を図れた、有意義な会議開催でありました。準備していただいたテラサキ労働組合の皆様には、大変感謝いたします。ありがとうございました。

2019年度第2回労使研修会の開催地が長岡市に-2019年度第2回労使幹事会・労組三役会・労組幹事会(2019.4.9)

 2019年4月9日(火)JAM本部会議室(東京)にて、労使幹事会をはじめとした諸会議を開催しました。
【参加者数】
<労使幹事会>労側:9名/9名中、使側:7名/9名中
<労組三役会>9名/9名中 <労組幹事会>14名/18名中
 本会議では、2019年1月27日に開催した第1回労使研修会の振返りを行い、主に参加者みなさんのアンケート結果を確認しました。「衡平理論」、「関係的報酬」、「能力の高原プラトー」といったキーワードに共感する意見や、「人事制度には一貫性が大切である」こととの自組織とのギャップを感じた意見などがあがり、研修会の内容について97.6%の方が”良い”と記入されていました。また、時間に限りがあり、「手続き的公平さの考え方」や「衛生要因」について、もっと詳しく聞きたいという回答もありました。
 また、主な協議事項としては、第2回の労使研修会の日程・会場・研修会内容について議論しました。今回は西日本エリアが担当です。日本三大花火大会の一つ、長岡花火は昭和20年8月1日の長岡空襲、2004年中越地震・2007年中越沖地震などに対し、鎮魂・慰霊、平和への祈り、復興を記念するための花火大会です。JAM組合員においても、自然災害によって2名の組合員の尊い命を失い、多くの被災者が発生しました。この長岡花火の鑑賞、自然災害への備えの講演を通じ、組合員に何らかのメッセージを伝えるきっかけになる研修会とすることを決定しました。

<第2回労使幹事会議案>
1.報告事項
(1)JAM電機部会第1回労使研修会
2.協議事項
(1)2019年度第2回労使研修会
(2)JAM電機部会結成20周年記念事業
(3)今後の機関会議日程

《今後の会議日程》
●JAM電機部会第2回労使研修会
 ・日時 2019年8月3日(土)13:00 ~ 4日(日)朝解散
 ・会場 寺泊岬温泉ホテル飛鳥

●JAM電機部会第21回総会・労使会議第20回総会
 ・日時 2019年10月27日(日) ~ 28日(月)
 ・会場 東京都もしくは神奈川県(検討中)

 なお、報告が遅くなりましたこと、お詫びいたします。(記:事務局長 八木佳紀)

2019年度第2回中部エリア会議の開催

中部エリア会議は、5月10日(土)に、8単組11名が参加し、2019年度第2回目の会議を名古屋市内で開催した。

冒頭の挨拶で佐藤中部エリア議長は、「米中貿易摩擦の影響を労組として注視していく必要がある」また、大津市の園児事故に触れ、「園児が犠牲となった痛ましい事故だった。ものづくりの観点で見れば、人間は必ずミスを犯す。安全装置やセンサーの開発などを進め、早く自動運転を可能にして欲しい。社会に貢献できる企業を目指していくことが必要」と今後のものづくりの重要性を語った。

また、JAM伊藤担当からは、2019春闘の情勢報告があり、「昨年同様に中小労組が頑張っている。大手労組の回答後も、回数を追うごとに賃上げは増額している。また、特に小規模なところは、従業員を確保するために、極端な給与アップやベースアップを行うところも出てきている」と今年の春闘の特徴説明があった。

その後、各単組からは、企業・単組・春闘状況の報告があり、米中貿易摩擦の影響もあり先行きは不透明だが、企業状況は昨年並みで推移しており、春闘交渉も昨年同様かそれ以上の回答を得ている単組がほとんどであった。また、各単組からは、コンプライアンス、事業統合に関する報告や、ユニオンショップ協定、初任給是正、復職制度、介護手当、海外出張手当、テレワーク、残業規制などの課題や問題点が報告され、意見交換を行った。会議後には懇親会を行い、それぞれの組織課題について、より深い意見交換が行われた。

2019年度第2回東日本エリア会議

2019年4月22日、友愛会館会議室にて第2回東日本エリア会議を開催しました。

会議には15名出席いただき、電機部会第1回労使研修会および第2回三役会/労使幹事会における内容報告の後、春闘報告や単組報告、テーマ別ディスカッションを行いました。テーマ別ディスカッションでは普段行っているような各社の制度について情報交換のみならず各労組における基幹会議の進め方や執行委員の選出方法など、組織運営において苦労されている部分を情報共有しました。多くの組織において簡単に労組役員になってもらえず苦労しているということを実感しました。(今回はちゃんと会議風景も掲載します)

また、今回は平日の日帰り開催ということで会議終了後、懇親会を行いその後解散としました。懇親会会場は「個室肉バル ミートチーズ酒場」という名前に惹かれ予約したのですが、純和風な居酒屋でしかも料理も完全な純和風居酒屋の料理でした。(涙) ネットで予約することのリスクです。

次回の電機部会総会の担当が東日本エリアということで、開催場所などの参加いただいた皆さんからのご意見を参考にしながら進めて行きますのでよろしくお願いします。

 

 

 

日本の人事管理の課題-2019年度第1回労使研修会(2019.1.27)

2019年1月27日(日)東京・友愛会館にて、2019年度初めての労使研修会を開催しました。時節柄、インフルエンザや風邪などが流行し、当日に欠席となった方々もいらっしゃいましたが、42名(労側29名、使側13名)の参加があり、冒頭労使それぞれの代表の方よりご挨拶いただきました。

【講演会開催の主旨】
2018年度第2回労使研修会で「モノサシがない日本の労働市場 ~公正な労働取引の理論~」と題し、大藪講師より労働の需給状況によって労働条件が調整される外部労働市場(ELM)、企業の個別事情に応じて個人の報酬が決まる内部労働市場(LMN)の概念、課題について講演いただきました。参加者の皆さまより、人事制度やマネジメントには一貫性が大切であること、日本の労働報酬の考え方の理解が進んだ、大藪講師に再度講演いただきたい、との声をいただきました。
これらを踏まえ、人材マネジメント(HRM)の観点を踏まえた日本における人事制度の課題について、今回も大藪講師に講演をお願いすることとしました。2019年4月から労働法制が改正を迎え、各組織にて対応が必要となってきます。制度改定といった形の対応も重要となってきますが、HRMの重要性も忘れてはいけません。このような気づきをいただき、各組織にて何らかのヒントとなるよう期待し講演会を開催しました。

●講演会テーマ
「日本の人事管理の課題 ~賃金・公正・人材の基礎理論~」
<そもそも何が問題か?>
1.誰がどれだけもらうべきか? → 分配の公正問題
2.なぜ社員は頑張る/らないのか? → 心理的契約、動機づけ
3.賃金はどのように決まるのか? → 賃金制度、労働市場
4.そもそも社員はみな同じか? → 人材の類型
5.職務と能力の不一致? → 昇進のしくみ

後援会の後は、労使それぞれに分かれて会議を行いました。

●労側情報交換会:2019春闘情報交換

●使側情報交換会:JAM2019春闘方針説明(JAM平野氏)、情報交換

(記:事務局長 八木佳紀)